日本真空システム協会は、新しい浚渫技術による水質浄化を行っています。

工法特徴

真空吸引圧送工法・・・・・工法特徴

汚濁の発生が極めて少ない

特殊ドラムアタッチメントで直接吸引するため、底泥回収時の汚濁発生が極めて少なく、汚濁防止フェンス等の設備は不要です。

工法特徴 工法特徴 工法特徴  

高濃度の浚渫が可能

高性能の真空発生装置を使用することにより、高濃度浚渫を可能にしました。それにより陸上処理も軽減できます。

工法特徴 工法特徴 工法特徴

連続吸排式

連続吸排機を使用する事により施工効率が向上します。また、吸引作業に油圧ショベルを使い操作性を容易にしました。

工法特徴 工法特徴 工法特徴

環境負荷の軽減

水底から吸引された汚泥は陸上に設けられる施設まで管路にて圧送され、空気に触れることが無いため、悪臭の発生や汚泥の飛散等がありません。

工法特徴 工法特徴 工法特徴

陸送可船式

浚渫船はパーツ別にトラック輸送するとこができ、現地にて組立・解体が行えます。

工法特徴 工法特徴 工法特徴

PAGETOP
Copyright © 日本真空システム協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.